トキナーレンズ
Now Loading...

Now Loading...

AT-X 14-20 F2 PRO DX

14 - 20mm F2 APS-C用 広角ズームレンズ
¥120,000(税別、花形バヨネットフード付)

AT-X 14-20 F2 PRO DX

14-20mm F2 (IF)

 

 

 

APS-C用

希望小売価格:¥120,000(税別、フード付)

 

icon_os.gif

ニコンマウント(APS-C)
2016年2月19日発売

icon_os.gif

キヤノンマウント(APS-C)
2016年2月5日発売

光学性能

AT-X 14-20 F2 PRO DX

単焦点レンズに匹敵する描写性能を可能にした広角ズームレンズ

開放F値2.0の広角ズームレンズを開発するにあたり、トキナーは従来の設計思想とは離れ、大口径ズームであっても、絞り開放から性能を発揮できる新設計を採用しました。

単焦点レンズと同等の性能を達成するため、非球面レンズ3枚を前群と後群に理想的に配置して、各収差を極力低減しています。

色収差を低減するために、SDガラス(FK01、FK03)を配置しており、開放F値2.0の明るいレンズで高解像を実現しています。

レンズの各収差を徹底的に除去することを目指し、最新の光学設計、最良の光学材料、高精度の加工技術を集積し、施しています。

現在のAPS-Cサイズの撮像素子2000万-3000万画素に対応する高解像の広角ズームレンズです。画面の隅々まで高い描写性能を発揮し、ユーザーが納得のいく広角ズームレンズを目指しました。

レンズだけでここまで空の青が再現できる伝統のトキナーブルー

1420-t11.jpg

写真:高橋良輔 氏

星景写真でも威力を発揮する開放F2の明るさ

1420_o03.jpg

写真:小河俊哉 氏

日暮れ頃のわずかな太陽の色も、濃青のグラデーションも捉える描写力

1420-17.jpg

写真:萩原和幸 氏

 

レンズ構成図Lens Construction

AT-X 14-20 F2 PRO DXレンズ構成図

MTFグラフMTF Chart

CCI値CCI

操作性

AT-X 14-20 F2 PRO DX

「SD-M」と「GMRセンサー」搭載、一段と向上した静音性と機敏性

1420_sd-m.jpg

●SD-M(Silent Drive-Module)

静音性の高いDCモーターを使用。さらにモーターと減速ギアを一体型に密封することで静音性をより高めることに成功し、同時に耐衝撃性にも優れた効果を発揮します。

 

●GMRセンサー(高精度磁気センサー)

通常AF制御用センサーとして用いられる回転検出センサーではなく、高分解能なGMRセンサーをフォーカス駆動部直近に搭載しています。従来製品と比較して、より精度の高いフォーカス制御が可能となり、結果的にAFスピードを早めることに成功しました。

ワンタッチフォーカスクラッチ

1420_focus.jpg

マニュアル時の動画撮影に効果を発揮する、「ワンタッチフォーカスクラッチ機構」を搭載。マニュアル時の操作感、カメラボディ装着時の操作性を高めるとともに、あらゆる撮影シーンでAF/MFの切り替えがスムーズに行えます。

マウント外周部にゴムシーリング

1420_sealing.jpg

マウント外周部にゴムシーリングを施し、レンズ装着部からの防塵・防滴に配慮しました。

スペック

AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離 14-20mm
明るさ F2
対応フォーマット デジタル専用 APS-Cサイズ
最小絞り F22
レンズ構成 11群-13枚
コーティング 多層膜コーティング
画角 91.68°-70.75°
フィルターサイズ 82mm
最短撮影距離 0.28m
マクロ最大倍率 1:8.36
フォーカス方式 インターナルフォーカス
絞り羽根枚数 9枚(円形)
最大径×全長 Φ89×106mm
重量 735g
フード(付属) BH-823
対応マウント ニコンマウント JANコード:4961607634400
キヤノンマウント JANコード:4961607634417 

注意事項Note

カメラ内蔵ストロボはケラレが生じ、ご使用になれません。外部ストロボをご使用ください。

 

 

アクセサリー

AT-X 14-20 F2 PRO DX

付属品Accessory

4961607711149.jpg

専用フード/BH-823(付属)

遮光効果の高い、花形バヨネットフードを標準装備。 定位置での固定が確実に行えるロック機構付。

希望小売価格(税別)¥6,000
JANコード:4961607711149

この製品を購入する

このページのトップ戻る