新着情報

CP+2013にてTokina デジタル一眼レフ用交換レンズ2機種を実機展示

 

株式会社ケンコー・トキナーは、平成25年1月31日から2月3日までパシフィコ横浜にて開催される「CP+2013」のケンコー・トキナーブースにて、近日発売予定の高性能望遠ズームレンズ「AT-X 70-200 F4 PRO FX VCM-S」と、超広角スナップズーム「AT-X 12-28 F4 PRO DX」を実機展示いたします。
発売前のトキナーレンズをお試しいただけるチャンスです。ぜひ、ケンコートキナーブース内、トキナーレンズカウンターにお越しください。

 

高性能望遠ズームレンズ

AT-X 70-200 F4 PRO FX VCM-S

tokina_70_200fx.jpg

トキナーとして初の、リング型超音波モーター+手ぶれ補正機構を搭載した中望遠ズームレンズ。早いAFとフルタイムマニュアル(AFモードでもピントリングを回せばMF可能)、シャッタースピード4段分の手ぶれ補正機構を搭載。80-200mmF2.8のパイオニアであるトキナーが、F2.8でなくF4としたのは、小型・軽量化のため。フィルター径は67mm。フルサイズ一眼レフに対応する。

dot_cl.png

焦点距離:70-200mm  開放F値:F4
最小絞り:F22  レンズ構成:14群19枚
画角:34.45°~12.42°  最短撮影距離:1.0m
マクロ最大倍率: 1:3.57  最大径×全長:φ82mm×167.5mm
重量1,020g

 

超広角スナップズーム

AT-X 12-28 F4 PRO DX

tokina_12_28dx.jpg

トキナーのヒット作、AT-X 124 PRO DXを引き継ぐモデル。テレ側を24mmから28mmと延長し、35mm判換算時42mmと準標準レンズとして使えるよう、グレードアップ。レンズのサイズは従来の124そのままのコンパクトさ。AF-MFをピントリングの前後で切り替えできる「ワンタッチフォーカスクラッチ機構」など、124の構造はそのまま引き継いだ。

dot_cl.png

焦点距離:12-28mm  開放F値:F4
最小絞り:F22  レンズ構成:12群14枚
画角:99.37°~54.73°  最短撮影距離:25cm
マクロ最大倍率: 1:4.94  最大径×全長:φ84mm×90.2mm
重量:600g

2013.01.29